梅しごと 青梅は梅ジュース?梅酒?梅干しに使っていいの?

スポンサーリンク

kar0329 / Pixabay

5月も半ばになると、テレビや雑誌でも梅を扱った番組が増え、店頭でも青梅を見かけるようになりますね。

私の浅はかな知識では「青梅は梅ジュースや梅酒」「梅干しには完熟梅」だと思っていたのですが、本当にそうなんでしょうか?

店頭で青梅を見つけましたが、なかなかいいサイズ。熟していないけど、つくれるなら梅干しを漬けてしまいたいと思ったのです。

でも、失敗したら嫌…青梅で梅干しをつくれるかどうかを調べました。

スポンサーリンク

青梅と完熟梅のちがい

青梅とは熟し始める前の、まだ実が固い梅のことです。

完熟梅は梅の実が黄色くなり、ところどころ赤みも入ります。梅の香りが香り、果肉も青梅よりは柔らかくなるので「美味しそう!」と本能的に感じる状態です。

青梅と完熟梅は、収穫の時期が違う梅ですね。

スーパーなどで販売されているときは「南高梅 完熟」などと、品種+梅の状態でラベルが貼ってあることもありますが、品種は書いてなくて、商品名として「青梅」と書かれていることもあります。

完熟梅で梅酒やジュースをつくってもいい

梅酒や梅ジュースは、青梅じゃないとダメと思っていましたが、そんなことはないそうです。生の梅に含まれている青酸が良くないとか、そういうことでもないみたい。

できあがった梅ジュースや梅酒の風味の違いでした。

青梅アクが強いので、しっかりと水に漬けてアク抜きをすることが必要です。

若い梅のフレッシュなエキスがたっぷり。さわやかな飲み口になります。

完熟梅漬ける前からフルーティな香りがあり、塩漬けしているときも梅酢があがってきやすくなります。

出来上がった梅酒や梅シロップも、フルーティ。ただ、瓶を振ったり、移動したりしているうちに、梅が破れて中の果肉が飛び出し、シロップが濁ってしまうことがあります。

 

青梅で梅干しは?

yuzu / Pixabay

青梅で「梅干しを漬けてはいけない」わけではありません。ただ、果肉が柔らかくてジューシー!と思える梅干しをつくりたいなら、やっぱり完熟梅でしょう。

青梅で漬けても、皮や実が固いままになってしまいます。味も酸味が強いよう。

でも、青梅で漬けるほうが好みというご家庭もあるようですから、仕上がりの好みを確かめるために、試してみても良いのでは?

さいごに

青梅で梅干しを漬けても良さそうですが、私は果肉たっぷりの梅干しが好きなので、もうしばらく待つことにします。

梅ジュースと梅酒は迷い中。青梅は梅雨が近づくと店頭に並び始め、あっという間に見なくなります。青梅は、店頭に並ぶ期間が短いのです。

梅酒や梅シロップで青梅を使いたい人は、タイミングを逃さずに買いましょうね〜。

 

こんな記事も書いています

コメント

  1. […] 青梅と完熟梅についてはコチラ […]