愛用しているもの。あずきのホットパック。

スポンサーリンク

f:id:mikanbkr:20160824084710j:image

8月の初旬に受けた健康診断の結果。おおむね基準値内でしたが結構基準値ギリギリのものもあり、だいたいが、腎臓・肝臓という身体の浄化を担っているあたりでした。orz。

昔から弱いんですけどもね。そういえば、と思って「腎兪(じんゆ)」のツボを押してみたら、痛い!!!!自分で押しているので、結構手加減しているはずなんですが、痛い・・・。

スポンサーリンク

腎兪のつぼって?

腰のくびれているところに両手をあてて、息を吐きながら親指でぐーっと押すと痛いところはないですか?

ashita-seikatsu.jp

腰痛のほか、冷え、低血圧、耳鳴り、基礎代謝の低下、
むくみ、月経不順、腎臓の機能の活性化
などにも効果があります。

ここを押すと、いつも痛みます。

自分ではなかなか押せないので火を使わないお灸「せんねん灸太陽」を貼ってもいいんですけども、そのまま寝てしまって低温やけどになることが心配でしたので、別のものをつくっておくことにしました。

あずきでホットパックをつくったよ。

市販している「あずきのちから」以前、これを使っていたんですけども、これ、洗えないんですよね。

目にあてると結構顔に汗をかくから衛生的に気になっていたので、引っ越しの際に処分してしまいました。しかし、何度も買うには割高です。

そこで、自分で作ってしまいました。小豆は水分をたくさん含んでいて、温めることで蒸気がでます。

材料

  • 小豆
  • 家にあったハギレ(手ぬぐいを切って使いました)を好きなサイズで。加熱に比較的強い綿や麻を使いましょう。ポリエステルは止めましょうね。

手順

  1. 布を表を合わせて袋縫いにする。(手縫いでもミシンでも)
  2. 小豆を入れるところを開けておく。
  3. 裏返して、小豆を入れる。
  4. 開いた口を手縫いでザクザク閉じる。

最後の閉じを適当にしておけば、あとで、ほどいて洗濯して、また縫ってということができます。適当がいいです。ざくざくと。

ほどくのが面倒な方は、一回り大きい袋でカバーを作っておけば洗うのも簡単です。

あずきのホットパックの使い方

電子レンジで温める。我が家は600Wで40~50秒ですが、ご家庭でお使いの機種によって多少前後すると思います。肌に乗せてヤケドをしない程度にあたためましょう。

注意点

このままでは洗えません。

一回り大きいカバーを作って、カバーを洗うようにしましょう。

レンジは必ず掃除してから使ってください。

生地に油がついたりすると発火する可能性があります。
ご家庭のレンジのクセもあると思うので、最初は10秒ぐらいずつ様子をみてください。あっという間に、ヤケドする熱さになります。
生地も耐熱ではないことも多いと思います。くれぐれもお気をつけください。
市販の「あずきのちから」には、繰り返しの使用は避けるようにと指示がありましたので、完全に冷めてしまうまで、再加熱は止めてくださいね。(「あずきのチカラ」では4時間以上と書いてありました)

あずきはケチらず入れる

あずきは、少なすぎると焦げるようです。ケチらず入れましょう。

作るのは面倒…身近なもので代用!

つくるのが面倒…という方は、身近に手に入るものでもOK!

案1 100均なんかで売っている、小さな巾着。

綿100%のものだったら、そのまま使えるんじゃないかな、と思っていますが・・・。

加熱は要注意です。

案2 バンダナで包んで加熱

バンダナに小豆を包んで加熱するだけです。

案3 お茶パック使用

お茶パックに、あずきをたっぷり入れます。

目にはコンパクトでいいかも。

案4 バンダナとお茶パックのコラボ

あ、お茶パック2つを並べて、バンダナで包めばいいのか。

それだと、大きいのもできますね。

さいごに

 

あずきパックは、普段は目元によく使っているのですが腰にのせてみました。多少サイズが大きめなので、腰がぽかぽかあったかくなり、そのままウトウト・・・。

冬の寒い日はもちろん、夏はエアコンで疲れた身体にも気持ちいいですよ。