枯れかけたリトープスは見守りも大事…

スポンサーリンク

実は、多肉植物好きです。最近流行しているようですが、古くは、うちの父親が育てておりました。
うちの父は、まぁまぁ「グリーンフィンガー」を持っていて、昔から盆栽だの、花だの、畑だの、それなりに育てては、散財していたようです。さすがに、老い先を考えて縮小しているようですが、実家には、まだまだ名残りがあります。

さて、20代までは、まったく興味がなく、父への反抗心もあって手を出さなかった植物ですが、30代になり、趣味のひとつも・・・という頃に、実家のやつを少し貰って来たら、何でも枯らす私のフィンガーでも、枯れずに生きている個体が( ゚Д゚)

そこから始まった多肉収集。といっても、たいして集めておりませんが、数種類がベランダにおります。しかし、中でも、ことのほか、気にしていたリトープスが、、、、枯れかかっている。。。。

リトープス

 

たぶん、かなり枯れかかっている・・・・。

リトープス

伊豆のシャボテン公園で買ったのが数年前で、そこから分頭もして、元気だったのに、昨夏に1個体溶けてしまい(おそらく、暑さと蒸れ)、怖くて水があげられなくなった。。。

なんとか植え替えはしてみたものの、シワシワになる一方です。

何もしないで見守ることも大事

某SNSで質問したところ、さっそくお返事をいただけました。

「何もしなくていい」

と指示がいただけました。とりあえず、様子見になりました。

とりあえず、水やりするのを止めて様子をみていましたが、脱皮してきました!!

リトープス

さいごに

リトープスは「冬型」といって、冬に元気になるタイプの多肉植物です。とはいえ、もともとの生息地は乾燥が強く、あまり水を必要としていない種類です。冬が成長期だからと、あまりじゃぶじゃぶ水をあげても良くないし、乾燥しすぎても良くないとか。

多肉植物の水やりは、種類に合わせた対応が必要です。勉強しないとですね。