ハッカ油で虫よけスプレーを作る。

スポンサーリンク

義実家は山の方にあるのですが、ちょっと油断すると蚊に刺されます。

オットといると、必ず私が刺されます。
納得がいかない。

いつもは、虫よけスプレーをかけたりするのですが、せっかくハッカ油があるので、ここでも利用しちゃえ、と。

作りました、虫よけスプレー。

f:id:mikanbkr:20160816091447j:image

スポンサーリンク

虫よけスプレー材料

・ボトル(ハッカ油で溶けないもの)

・精製水 45cc

・無水エタノール 5cc

・ハッカ油 10滴くらい(減らしたり増やしたり可)

ネットの海をさまよってみましたが、分量は、思いのほか適当かも???と思いました。

精製水と無水エタノールの比率ですが、今回の材料は10%エタノールの割合にしてあります。しかし、5%の人もいれば、20%の人もいましたので、薄目のもので試して香りの程度や、あとお肌のあれ具合を見てから、量を調整してもいいのかもしれませんね。

ハッカ油や無水エタノールは、薬局やドラッグストアで購入できます。

 

ハッカ油の使い方はコチラの記事もどうぞ

ハッカ油を活用 玄関の拭き掃除でサワヤカ〜

お家でつくろう 炭酸ガス入浴剤(バスボム)のつくりかた

材料のえらびかた

容器はポリスチレン(PS)以外を使う。

色々見てたら、容器を選ぶ時はハッカ油の成分がポリスチレン(PS)を溶かしてしまうんだそうです。「ポリプロピレン(PP)」「ポリエチレン(PE)」のものが手軽で100均でも売っています。

「ガラス製」「陶器」「耐油性」「耐アルコール性」でももちろん良いですが、ハンズやネット販売になるのかな、と思います。
遮光性のビンはカワイイですけどね~。

水道水でもいいけど塩素が気になるなら精製水。

以前、手作りの化粧水を作ったことがあって、といっても、精製水にグリセリンと尿素と無水アルコールを入れたものなんですが、虫よけスプレーもお肌にもつけるものだし、ということで、水道水ではなく、精製水で作りました。

今回は、間に合わせで水道水で作りました。しかし、我が家の水は、結構な塩素臭がするので、次回作るときは、やっぱり精製水にしてみようかと思います。ミネラルウォーターでも作れますが、硬水は避けたほうが良いでしょう。

いずれにせよ、あまり日持ちはしないので、少量を作って1週間似内には使いきりましょう。

1人で使うには100ccでも、結構多いと思う。

無水エタノールは、水と油を均等に混ぜるため

ハッカ油は「油」なので、水とは分離します。

肌につけるものなので、分離して、あまりハッカの濃度が濃い部分があると、肌荒れしたり、ハッカの「スースー」が強力になってしまうのも良くないかな、ということで、無水エタノールを入れました。

無水エタノールを入れることでハッカ油が水と均等に混ざります。

まぁ、

  • 使う前によく振ること
  • ハッカの量を調整(強い場合はすぐ減らす)する
  • ハッカを少なくして、何度もつけなおす

ことで、間に合わせで無水エタノールを入れなくても、代用可能だと思います。

注意したほうがよいこと

合わないと思ったら、ハッカ油の量を減らすこと

50ccにハッカ10滴って、かなり強めの香りになります。

私は、ハッカの香が好きだからいいのですが、義妹は「苦手~~~」と言っておりました。

人によって、香りの感じ方も、肌への影響も違いますねぇ。

でも、虫たちは、まぁ、ハッカの香りが残っていればよってこないみたい。

元々、このスプレーは何度もスプレーすることが前提のものなのです。気分が悪くなってまで使うことはおススメしません。

薄目に作って試してみても良いですね。

ペットへの使用は、どうなのかな。。。

あくまでも人間用のスプレーです。人間は平気な香料やハーブ類も動物には刺激が強すぎることがあります。小動物の身体への影響は、人間の身体への影響とは違います。

かわいいペットがおられる方は、使わないほうが良いかと思います。誰かの体調が悪くなるのは、あまり元も子もないのでお気をつけくださいね。