印鑑登録は本人以外の「代理人」だと役所に2回行かねばならない

スポンサーリンク

 

あまり必要はないですが、大きな買い物などをするときは印鑑証明が必要です。住民票異動のときに印鑑登録を行っておくという人もいるでしょう。

しかし我が家は登録した印鑑を使う場面が思い浮かばなかったので「まぁ、必要なときにやればいいし、今回は見送ろうか」という話になり、住民票の異動のみ行ってあったのですが、後から申請することが結構な大変さでした。

代理人の場合は1度目は申請書の提出のみ。

代理人が申請に行った場合は、1度めは申請書の提出のみになります。提出といっても、順番を待って窓口の人に確認してもらわないといけないので、居住地によっては、かなりの待ち時間が生じます。

特に、人の出入りの多い3月や4月はかなりの時間待つこともあるでしょう。

必要な書類は?

  1. 申請書(その場でもらって記入)
  2. 委任状
  3. 登録する印鑑
  4. 代理人の身分を証明するもの現物(運転免許、健康保険証、年金手帳、パスポートなど)

翌日以降に役所から書留で「本人確認のための照会文書」が送られてきます

金曜に申請して、土曜に届いたので、すごく速い対応だと思います。でも書留なので、在宅で受け取るしかありません。

その文書に印鑑登録をする人=オット(わかりにくいので、私の場合はオットとします)の自署と登録する印鑑をしっかり押して、再び役所に持参します。

 

2回目のときは、申請者の身分証明と、代理人の身分証明が必要

ここで大切になるのが、オットの身分証明書の現物が必要ってことです。

  • 運転免許証
  • 年金手帳
  • パスポート
  • 健康保険証

いずれかを持参するのです。

「など」と書いてあったので、もしかしたら、マイナンバーカードなども適するのかもしれません。(詳しくは、お住まいの自治体にお聞きください)

結構大切なものばかりですよね?有効期限内であれば大丈夫だそうなので、パスポートか年金手帳あたりが持ち出しやすいのかなと思います。

 

2回目に用意する書類など

あくまでも、代理人がすべてやるときに持参するものになりますが、

  1. 照会回答書
  2. 登録する印鑑
  3. 申請者の身分を証明するものの現物(運転免許、健康保険証、年金手帳、パスポートなど)
  4. 委任状
  5. 代理人の身分を証明するものの現物(運転免許、健康保険証、年金手帳、パスポートなど)

です。

さいごに

なんとか、印鑑登録はできました。

「たった2回行くだけでしょ」となるか「2回も行くの!?」となるかは、正直、申請場所と自宅の距離や、時間の融通がつくかなど、個人によって異なります。

私の住まいからは、絶妙な距離(5キロ)で非常に面倒でした〜…