初めてのiPad Face Time/ iMessageのアクティベーションエラー解決までの話。

スポンサーリンク

f:id:mikanbkr:20170714141405j:plain

今さらながらiPadを購入しました。今までAndoroidでずっときてしまったので、単にiPadを使ってみたかったからという理由です。しかも散々CMをしているiPad proではありません。

なんだかんだと大体の設定が終わり、シムシティも始めて街を育てている頃になって、「Face Time/ iMessageが繋がらない」ということに気が付きました。

何度ログインしようとしても「アクティベーション中にエラーが起きました。やり直してください」というメッセージがポンっと出ます。

ネットで調べた中には有効な解決方法はなく、最終的にはサポートに電話をして、結局解決まで10日くらいかかりました。

スポンサーリンク

アクティベーションとは?

そもそもアクティベーションとは、ソフトウェアをインストールした後に、ちゃんとした使用資格(正規ライセンス)を持っているかどうかを認証することを言います。

かつて、たとえばソフトの非合法コピーによるインストールや、ライセンスで許可されていない回数のインストールなどが行われたり、オークションなどで転売されたりということが起こっていました。

そのため、アクティベーションを行うことで、ソフトとデジタル機器を結びつけ、企業側が把握しやすくしたのです。

アクティベーションは、現在は、クレジットカードやプリベイトカードでも、使われています。特定のURLにアクセスして、認証を受けないと使用ができないのです。

マイクロソフトのオフィスは、、ひとつのソフトを何台かに入れることができます。シリアル番号を入力して認証を受けたパソコンにしかインストールできなくなります。

iPadのモデル と AppleIDの状態について

iPad モデル

iPad 9.7インチ Wi-Fiモデル 32GB

128GBと散々迷いましたが、クラウド使うし、動画を持ち歩くことはないかな、ということで32GBにしました。実際使っていると128GBでも良かったかなぁとやっぱり思いますね。

今後は、proとApplePencilが気になるので、余裕ができたらproに移行したいです。

AppleID

AppleIDを取得したのは、音楽配信が始まったばかりのころ。もう10年くらい前でした。iTuneを少し使った程度で、それ以後はApple製品を手にすることはなかったので、ずっと放置されていました。

そのため、パスワードなども曖昧で、iPad設定の時に何度か間違え、結局、パスワード変更を行ってログインしました。

・・・・これが、まずかったらしいです。

 

調べてやってみたこと

Appleのサポートページに掲載されていた内容

まずはコレ。アップルのサポートページに掲載されていた内容です。

support.apple.com

デバイスの日時を確認する

デバイスの設定⇒日時の確認をしましたが、特に問題なし。

設定⇒アプリをOFF⇒再起動する

そもそもこちら、一度ログイン完了していないと設定画面にON/OFFボタンが出てこないようで、できませんでした。

24時間待ってみる

待ってみたけれど変わりませんでした。

ネット上の情報

Apple公式で解決しないので、他にもネットに落ちていた情報から、色々試しました。

完全にリセット

設定⇒(最下部)リセットから、各種リセットを行いました。つまり、ゼロに戻してやり直したのですが、ダメでした。

AppleID パスワード変更

ダメでした。

以上の対応で解決する人もいるそうですが、やってみても解決しない場合は、さっさとサポートに電話か、AppleStoreにHELPを出しましょう。

結局、原因はなんだったの?

あーだこーだと1時間近く試して、担当の方も色々調べてくださり、各所に問い合わせもしてくださり、段々と信頼関係が芽生えてきたころ。

やってきたことを消去していって、ひとつの原因にたどり着きました。

どうやら最初の設定のときにAppleIDのログインエラーを繰り返したことが原因で、FaceTimeとiMessageにロックのようなものがかかっているらしいのです。

これを解除するためには、エンジニアというサポートセンターとは別の部署の人の対応が必要となり、秘密のパスワードを一端3つとも伝えることが必要となり、2週間程度の対応時間がかかりました。

サポートに電話をするときは

f:id:mikanbkr:20170714141507j:plain

実は、サポートへの電話は2回かけております。

1回目の電話では十分な回答が得られませんでした。たぶん、担当さんがまだ新人さんぽくて、相互のコミュニケーションがうまくいかなかったために、結局「電話の後で対処法をメールしておきます」と教えてもらったのが、すでに自分で確認していた公式サポートページでした。

後日もう一度電話をして対応してくださった方は、どうやら上のポジションにあたる方だったらしく、1回目のサポートについて「こちらの指導不足で申し訳ありません・・・」と大変恐縮されてしまいました・・・。

いえいえ、こちらも悪いのです。

でも、もしかしたら、このブログにたどり着いた方は「早くエラーを解決したい」という方がほとんどですよね。

そんな急いでいる人が「いやいや、これやったし!」ということにならないように電話サポートを受けるときの注意点です。

自分でやったことは一覧にしておく。

サポートセンターの方が色々提案をしてくれるのですが、「それはやりました」「やってません」ということをきちんと伝えられることが大切かと思いました。

あと、自分の試したことが複数になってくると、口頭での確認だけでは、何をやって、何をやっていないか、の抜けが出てきてもおかしくはありません。

できれば、メモをしておいて手元に置きながら電話をしましょう。

電話が長くなってくると(つまり解決できないと)、途中「もう一度確認しましょう」ということがあります。こちらもリストがあったことで見落としなくチェックできました。

聞かれなかったら、自分からやったことを伝えよう。

サポートさんに聞かれない場合も、自分がやったことは一通り伝えてしまうと良いと思います。

一気にいうよりは、「やったことをお伝えしていっていいですか?」と確認して、ひとつひとつ、お互いに確認しながら進めていきましょう。

このときも、あらかじめリストにしておけば、最初の段階で「やったこと」を伝えることができます。1度目の電話のときは、リストをつくっていなかったので、こちらも上手く伝えきれなかったんだと思います。

電話じゃわからない・・・AppleStoreに行くときは余裕をもって

f:id:mikanbkr:20170714141748j:plain

何が何だか、さっぱりわからない電話ではなく、直接相談したいという場合には、AppleStoreに行くという方法もあります。

実は偶然近くに行く用があったので、サポートに電話をする前にAppleStoreに行ってみたのです。しかし、AppleStoreは、タイミングによっては待ち時間が1時間以上と長く、予約を取ろうにも1週間以上先ということも。来た順番に対応されていきますから、この後予定があるという場合は気が気じゃありません。

私は、実際に次の予定があったので待ちきれませんでした。順番が来る時間にいれない場合は、再度順番を取り直すかたちになるそうなので注意が必要です。

店頭に行く場合は、待つことを前提として、後のスケジュールに余裕をもっていきましょう。

それですいていたら、ラッキーですよね。

まとめ

2週間後に、サポートさんから電話がかかってきて無事にアクティベーション可能となりました。

やっと繋がるようになった~~!

だからといってFaceTimeもiMessageも頻繁に使うわけではありませんが、本体の故障でもなかったし、AppleIDも変なことになっているわけでもなく、ほっと致しました。

普段Apple社を使いなれていない初心者は、実は原因らしきものが示されているにもかかわらず、それが原因だとは気が付きにくいもの。そもそもアクティベーションが何かがわかり、良い経験になりました。

その後無事にMacbookも購入し、iPadとも同期!今はショートカットを習得しています。