食欲が落ちたときにもさっぱり!夏野菜のピクルス

スポンサーリンク

梅雨の時期の晴れた日のことを、「梅雨の晴れ間」と言いますね。

今日は、まさに!室内干しで洗濯はしていましたが、なんだかじめっとしていたものを、ここぞとばかり、洗濯しています。

さて、体調ですが、ここのところ、ぐうたら(体調悪い⇀ご飯つくるの面倒)で、お惣菜を使ったり、外食をしたりしていたせいか、梅雨の湿邪まだまだ悪さしとります。

そういうときいつも作るものを、今日も作りました。

スポンサーリンク

夏のだるさに酸っぱいものを

ワカメときゅうりの酢の物と迷いましたが、あんまり身体を冷やしてもなぁと思ったので、セロリが冷蔵庫にあったので、ピクルスにします。

虫歯も多いし、あまり歯が強いほうではないと思うので、本当はあまり口腔内を酸性にするのは良くないのかも、と思いつつ、でも、酸っぱいものを食べるとスッキリする気がするのですよね・・・・。

ピクルスのつくりかた

ピクルス液材料

  1. 酢(今回は米酢)100cc
  2. 水 100cc
  3. 白ワイン30cc(大2)・・・思いつきで投入。なくても可
  4. 砂糖 30g(大2.5)
  5. 塩 小さじ2
  6. ローレル 2枚
  7. 乾燥赤唐辛子 1本
  8. 黒粒胡椒 5粒

鍋でひと煮立ちさせる

材料を鍋(アルミ鍋は×)で、ひと煮立ちさせる。

f:id:mikanbkr:20160701111145j:plain

粗熱が取れたら、野菜を漬け込む。

以上!簡単です。

好きな野菜を入れる

オシャレな瓶に詰めたりとかしたいところですが、、、

生活感たっぷりのジップロックコンテナを使いました。

耐熱140度なので、粗熱とるのに流し込んでから、野菜を切りました。

f:id:mikanbkr:20160701111353j:plain

今日は、セロリ、人参、きゅうりを各1本です。

切り終わると、だいたいピクルス液が冷めているので、野菜を入れて冷蔵庫へ。

翌日には食べられます

1週間くらいはもつと思いますが、容器消毒もしていないのでそれ以上についてはどうかな…。ピクルス液には火を通していますが、野菜は生のままなので・・・。

ちなみに、我が家では食べ始めたら、すぐになくなるので、あまり困ったことはありません。

むしろ、液がもったいないくらいです。クックパッドを眺めていたら、2番漬け?で、茹で大豆を漬けている方がいたので、試してみようと思います。

 

こんな記事も書いています