多肉植物の栽培。やっぱり各特徴を把握したほうがいい。

スポンサーリンク

今大人気の多肉植物・・・。

寄せ植えとかカワイイですよね。

私も一応、趣味・・と言いたい。そろそろ。

でも、今年の夏は(も!?)枯れまくりましたorz。

スポンサーリンク

 管理が適当だったから・・・?

引っ越してきて、ベランダで、結構猛烈な暑さの時期に、冬型とか夏型とか関係なく、放置しておりました。

うちの父親がそういうタイプなんですが、何故か結構いい具合に増やすのです。

コツを聞いても「砂に植える」くらいしか言わないし、水もジャカジャカかけている。

だから、いいかな、と思っていたのですが、うちでは、どんどん枯れていく・・・。

さよならしたもの

コノフィツムさん

熊童子さん

ゴーラムさん

金のなる木さん

ハオルチアさん

虹の玉さん

さようなら・・・。また会う日まで。

多肉植物にはそれぞれ好きな季節がある

多肉植物は初心者にも育てやすいものも多く、水やりもあまり必要ないから手もかからない、というイメージもあるんですが、実は種類ごとに好きな季節があります。夏が好きとか、春や秋が好きとか、冬は大嫌いとか色々特徴があります。

水分についても、全然なくて平気とか、むしろ夏は水をあげてはいけない・・・とか。

水やりが特に苦手でした。一応土が乾いたらあげるということにしてたんですが、熱さで根が腐ったりしていたみたいです。バジルなんて、すごーく枯れてる!?って思っても、水をあげてしばらくしたら、元気に復活です。

そのほか、日陰がすき、直射日光は嫌いとか、これまで、そういうのを全く無視してたんですね。

横着せず書き出すことにしました・・・。

余りの哀しさに一応一応持っていたほんを本を引っ張り出し、せめて生育時期だけは把握しようと、フラワータグに書いておくことにしました。

f:id:mikanbkr:20161003084039j:image

これから秋型の植え替えもしたいと思います。