トマト缶がなくても大丈夫 簡単トマトの湯むき方法

スポンサーリンク

トマトソースに、ミネストローネ、トマトオムレツと、トマトに火を通した料理は意外とあります。トマトはいい出汁が出るので、味噌汁にもピッタリです。

しかし、トマトの皮は舌触りが悪く、火を通したメニューでは取ってしまいたいもの。火を通すメニューで面倒なのが湯剥きですが、ズボラな我が家は、簡単にやっております。

スポンサーリンク

必要なものはガスコンロとフォークだけ

必要なのは、次の2点のみ。

ガスコンロ

柄が長いフォーク(カレースプーンとセットのやつ)

そう、この方法はIHでは使えません。ご自宅がオール電化という方は、この方法は、バーベキューなど外での調理の際にお使いください

方法:トマトにフォークをぶっ刺して 火であぶる

方法は次のとおりです。

1.トマトを洗って良く拭きます。

トマトが濡れていると、火が通るまでに時間がかかります。洗ったあとは、キッチンペーパーなどで水分を拭き取りましょう。

2.ヘタのあたりにフォークをしっかりと刺します

by:takaba

3.火であぶります

by:takaba

4.皮に火が通ってくると、自然と皮がむけてきます

by:takaba

少々焦げるくらいがちょうど良い加減です。するりと皮がむけるので、後はヘタを取って料理に使います。

by:takaba

by:takaba

焦げがうまく取れないときは、軽く洗ってしまいます。

お子さんは1人でやっちゃダメ

この方法は、ガスコンロの火で直接トマトを炙ります。ヘタの部分に火が付いたり、トマトの皮がはじけることもあります。

お子さんが1人でやることは止めましょう。また、大人の方も気をつけて行ってくださいね。

さいごに

正直トマト缶のほうがお得なのですが、安く買ったトマトが、生のままだと美味しくなかった、というときには火を通すと味が深まりますよ〜。

我が家では、この方法を知ってから、生のトマトに火を通す機会が劇的に増えました。いまや味噌汁の定番具材となっています。

 

安全には十分に気をつけてお試しくださいませ。

 

コメント