赤い梅干しをつくる 梅干しを紫蘇と一緒に瓶詰めにしよう

スポンサーリンク

私の思い出の中の梅干しは、昔ながらの赤くて酸っぱい梅干し。最近のはちみつやカツオが入った梅干しはあまり好きではありません。

赤い梅干しをつくるためには、天日干しをした梅を、塩もみをした赤紫蘇と保管しておいた梅酢とを一緒に漬けます。

スポンサーリンク

天日干し完了の目安は?

天日干しして3日が経過しました。天日干しのことを「土用干し」とも言うんだそうです。良いお天気で比較的湿度も低いほうだったので、順調に乾きました。

終了の目安がわからなかったのですが、和歌山県みなべ町のサイトを発見!!

うめ課 | みなべ町を参考にして、だいぶん重量が軽くなってきたので、天日干し完了としました。

質問5 干し上がりの目安を教えて下さい。

答:生の梅の50~60%の重さになっていたらOKです

乾きすぎのときは果肉が破れるので気をつけて。

梅がよく乾いていると、果肉がザルや網にくっついています。つまり日差しの強い日中に無理やりとると、あっさりと果肉は破れるので注意が必要です。

取り込むのは日が暮れて少し湿気が戻ってきてからの方が良いとのこと。

破れたからといって捨てなければいけないものではありません。多少破れたのは、干しておくとすぐに傷口が乾いてくるので、問題ありません。

おひさまで消毒消毒。

消毒したビンに梅と紫蘇を交互に入れる

ビンも日光にあてて紫外線消毒し、そのあとホワイトリカーで消毒しました。(ベランダの手すりに乗せましたが、今思うと危ないですね。安全な場所にしましょう)

今回は塩漬け梅と紫蘇の塩もみを作っておいて、後で紫蘇を漬けるというやり方で作りました。

 

事前に塩もみしておいた紫蘇と梅を、梅⇀紫蘇⇀梅⇀紫蘇、、、と交互に重ねてビンにつめます。この作り方では、梅酢も入れます。

 

できあがりです。

さいごに

食べるのは3ヶ月後くらいを予定しています。まだ、カビの恐怖はあるのですが、カビがでたときの救済方法は紫蘇に漬ける前も後も同じです。焼酎で洗って天日で干してというやり方で救済してみます。

 

こちらの記事もどうぞ