我が家の梅ぼし 梅酢が白く濁った!カビの対処と天日干し。

スポンサーリンク

土用の丑の日。2016年は7月30日(土)です。

梅干しが、まだ塩漬けのままなのです。3日くらいの晴天が続く日をねらって外に干さなければなりません。

そろそろ天日干ししないとなぁと梅干しを出してみたら・・・・

梅酢が白く濁っています!?

そして、臭いをかいでみたら、醗酵したにおい…

やっちまいました。。。。でも、あきらめきれないので、頑張って救済してみます!!

スポンサーリンク

梅酢が白濁しても、まだ救済できる

透明なジップロックですから、梅酢が見た目にも白く濁っているのがわかります。幸い、梅の表面にカビはなさそうです。ネットで検索したら、梅酢が白く濁っていても、カビではない状態なら対処法がありそうなので、救済措置を試みてみます!

梅酢と梅は分けて別々に処理する

まずは、梅と梅酢は別処理なので梅を取り出しました。

実は、前回の記事のあと「1キロじゃ足りないなぁ」と梅を再購入して、追加しました。前回は中粒でしたが、こちらは大粒のやつです。果肉たっぷりでおいしそう。やっぱり、このまま廃棄するのは、もったいない!

何とか救済できることを願います。

梅酢の処理方法

梅酢はキッチンペーパーで漉す。

梅酢はボウルにキッチンペーパーで漉します。

あとで加熱するので、鍋に直接。

梅酢は、かなり酸っぱいので、ホーローかステンレスの鍋を使います。

梅を処理している間に漉されていたものです。

( ;∀;)だ、大丈夫かな、この白いの・・・。

と心配しておりましたが、漉された液体は透明になりました!

きれいになった梅酢を煮沸する

きれいになった梅酢を火にかけます。徐々にアクが出てくるので取り除いて、冷ましておきます。

その後は、ホワイトリカーで拭いて消毒したジップロックに入れて保存しました。

また、最近見かけるパストリーゼは、食品由来の除菌剤でとても簡単に消毒ができます。ジャムなどの保存前に直接ひと吹きしても良いものなので、こちらで消毒しても良いですね。

 

梅の処理方法

続いて梅のほうに移ります。

ホワイトリカーで洗う。

ホワイトリカー(アルコール度数:35度)を贅沢に使って洗いました。

ヒタヒタになるくらいホワイトリカーを注ぎ、箸で梅をそっとつかんで、ホワイトリカーの中でフリフリ・・・。

梅を取り出して、また数個入れてと洗っていると、段々濁ってきます・・・。

カビ、、、恐るべしですね。

不安になりますが梅表面にカビはないし、アルコールの匂いに混ざって、梅のいい匂いもするので大丈夫!と続けました。

ホワイトリカーを取り換えて洗い続けます。

ホワイトリカーをケチってカビが再発するのは嫌だったので、とにかく贅沢に使いました。

梅は干物干しを使って天日干しにする。

レシピには、梅酢に戻して天日干しまで再び保存と書いてありましたが、もう1か月くらい漬かっていたし、お天気が良い日が続くようでしたので、もう干してしまえーと干しました。

漬けてから日も浅いなら保存したら良いと思うのですが。

干物干すやつ。

これで、3日干します。

さいごに

あとは天日干し後に赤紫蘇、梅酢と合わせるだけ!

色々なやり方があると思うのですが、今回は、天日干し後に、赤紫蘇、梅と合わせて漬けこみます。

紫蘇を入れてからも、カビの心配はあるのですが、ひとまず救済終わりです。

皆さんの梅も救済できますように!